三菱一号館美術館「1894 Visions ルドン、ロートレック展」に行ってきました。(その2:ミュージアムショップ編)

現在、丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「1894 Visions ルドン、ロートレック展」のブロガー内覧会にご招待頂き、その様子を一つ前の記事でレポートいたしました。
http://lucca196.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-2ebff5.html

次に、三菱一号館美術館のミュージアムショップで企画・販売されている、展覧会のグッズについてレポートいたします。なお、こちらについても記事中に掲載した写真は、内覧会当日に主催者の許可を得て撮影したものです。写真はクリックすると別画面で拡大表示されます。

 

三菱一号館美術館のミュージアムグッズは一般的なポストカードやクリアファイルにとどまらず、展覧会の都度、そのテーマや出展作品の特徴を活かした個性的な商品が企画されるので、私はいつも大変楽しみにしているのですが、今回は特に素晴らしい企画のグッズがたくさんあり、ショップを担当している方から詳しいお話しを伺うことが出来たので、独立した記事として御紹介することにしました。

 

こちらは以前の展覧会で企画され、好評を博しているロートレックの「原寸大ミュージアムグッズ」です。ポスターの一部を切り取ったようなバッグやTシャツ、ノートは人目を引くこと間違いなしです。

Img_2494 Img_2496 Img_2505

 

この時期の展覧会のお楽しみの一つがオリジナルのカレンダーです。「1894 Visions ルドン、ロートレック展」では、月を限定せずに好きな作品を飾るように楽しめるよう、12枚の独立したシートとしたそうです。

Img_2503

 

定番のマグネットにも工夫があります。台紙に箔押しで刻印された「1894」の数字は、三菱一号館美術館の設計図に書き入れられている数字を活かしているのだそうです。もしかするとジョサイア・コンドルの手書きかもしれません。

Img_2511 Img_2506

 

「グランブーケ」の花々をデザインしたアクリル製キーホルダー。ちょっとしたお土産に喜ばれそうです。

Img_2497

 

三菱一号館美術館自身をモチーフとしたグッズも個性的です。そば猪口は、それ自体がグッズとして珍しいですが、図柄は「三菱一号館美術館のの窓の形が1階と2階、3階で異なることに着目して、設計図に描かれた三種類の窓をデザインした」のだそうです。底に描かれている模様も窓の装飾の一部です。

Img_2498 Img_2499 Img_2500 Img_2501

 

食品も充実しています。「ヴァロットンの白」と「ルドンの黒」をモチーフにしたミルクと黒ごまのジャム。そしてパッケージが印象的なチョコレートの数々。

Img_2491 Img_2514

 

私が特に気に入って今回複数購入したノートがこちらです。B7版という手の中に収まるようなサイズ感がまず珍しいのですが、小さくてもしっかり糸かがりで製本されており、表紙の作品ごとにかがり糸のカラーが違います。さらに中の罫線が、三菱一号館美術館の煉瓦積みのパターンを模しているという凝りようです。こんな凄い企画のグッズを私は今まで見たことがありません。ミュージアムショップのグッズ企画をなさった方々に脱帽です。

Img_2518 Img_2519

 

このペンケースには作品をイメージしたカラーの色鉛筆が入っているのですが、その色鉛筆もしっかり三菱色鉛筆です(※同じ三菱ですが、現在は直接の関係はないそうです)。こういう遊び心が楽しいですね。

Img_2520

 

最後になりましたが、限られた時間でお話しを聞かせて下さったショップの担当者の方にお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

三菱一号館美術館「1894 Visions ルドン、ロートレック展」に行ってきました。(その1:展覧会編)

現在、丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「1894 Visions ルドン、ロートレック展」のブロガー内覧会にご招待頂きましたので、その様子をレポートいたします。

本展の会期は2021年1月17日(日)までで、入場に当たっては、下記のWebketのウェブサイトで日時指定券が販売されています(※購入に当たってはWebketの会員登録が必要)。なお、本展の前売り券はありません。
https://webket.jp/pc/ticket/index?fc=00307&ac=0000

本展では、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各時間の入場人数に上限が設けられており、日時指定券を購入している方が優先的に入場できます。そのため、出来るだけ日時指定券を利用することをお勧めします。なおチケットは美術館の窓口でも購入できますが、
毎時先着順の入場となり、人数が上限に達した場合は、次の時間帯の入場となります。

Img_2577

  • 会  期:2020年10月24日(土)~2021年1月17日(日)
  • 会  場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)
  • 開館時間:10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで(※祝日・振替休日除く金曜、第2水曜、展覧会会期中の最終週平日は21:00まで。なお臨時の時間変更の場合あり)
  • 休館日 :月曜日と展示替えの11月24日(火)、25日(水)、年末年始の12月31日(木)、2021年1月1日(金)*なお月曜日が祝日の場合と10月26日(月)、11月30日(月)、12月28日(月)、2021年1月4日(月)は開館
  • 入館料(当日券):一般:2,000円/高校生・中学生:1,000円/小・中学生:無料(※いずれも音声ガイド付き) なお、毎月第2水曜日17:00以降に限りマジックアワーチケット適用 : 1,200円
  • ウエブサイト:https://mimt.jp/visions/

本展は、三菱一号館美術館の開館10周年の最後を飾る展覧会です。岐阜県美術館との共同企画で、丸の内初のオフィスビルとして三菱一号館が竣工した年「1894年」をテーマに、三菱一号館美術館のコレクションの中核である画家、ルドンとトゥールーズ=ロートレックの活躍した時代に焦点を当てて企画されました。

Img_2545

この展覧会には、フランスを代表する現代アーティストのソフィ・カル氏の参加が予定されていたそうですが、新型コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大により氏の来日が困難になり、このプロジェクトは延期となったそうです。開催されれば、三菱一号館美術館で開催される初めての現代美術の展覧会となったこの企画の実現が今から楽しみです。

(以下、畳みます。記事中に掲載した写真は、内覧会当日に主催者の許可を得て撮影したものです。写真はクリックすると別画面で拡大表示されます。)

» 続きを読む

| | コメント (0)

三菱一号館美術館「画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」に行ってきました。

先日、2020年2月15日(土)〜6月7日(日)までの会期で、丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」のブロガー内覧会にご招待頂きました。本展は現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、3月31日(火)まで臨時休館しております。4月1日(水)以降の開館予定については、美術館のウェブサイトの情報をご参照下さい。

Img_2449

  • 会  期:020年2月15日(土)〜6月7日(日) ※3月31日(火)まで臨時休館中
  • 会  場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2 問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル))
  • 開館時間:10:00〜18:00 入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜、4月6日と会期最終週平日は21:00まで
  • 休館日 :月曜日(但し、祝日・振替休日の場合、開館記念日4月6日、会期最終週6月1日と、トークフリーデーの4月27日、5月25日は開館 )(※トークフリーデー :展示室内で声の大きさを気にせず、作品について自由に会話しながら鑑賞が出来る日。小さい子供連れも可)
  • ウエブサイト:https://mimt.jp/kodomo/

Img_2461

ブロガー内覧会が行われたのは2月下旬で、その数日後に臨時休館になってしまい、ご紹介は再開館を待っていたのですが、先日、この展覧会の様子が「ニコニコ美術館 休館中の三菱一号館美術館「画家が見たこども展」から生中継 」で紹介され、現在で無料で下記のリンクから観ることが出来るようになったので、レポートを掲載いたします。

https://live2.nicovideo.jp/watch/lv324704155

なお内覧会では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、通常行われる作品解説などは行われなかったのですが、高橋館長やブログ「青い日記帳」のTak氏からご挨拶を頂きました。この機会を下さった関係諸氏に感謝いたします。


(以下、畳みます。記事中に掲載した写真は、内覧会当日に主催者の許可を得て撮影したものです。写真はクリックすると別画面で拡大表示されます。)

» 続きを読む

| | コメント (0)

静嘉堂文庫美術館の「名物裂と古渡り更紗」展に行ってきました。

現在、二子玉川の静嘉堂文庫美術館で開催中の「名物裂と古渡り更紗(めいぶつぎれとこわたりさらさ)」展の内覧会にお招き頂きましたので、以下にその概要をレポートいたします。

Img_2404

会場:静嘉堂文庫美術館(東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅からバスまたはタクシー利用。詳しくは下記の交通案内参照:http://www.seikado.or.jp/guide/access.html )
 開催期間:2019年11月2日(土)- 12月15日(日)
月曜休館(但し11月4日(月)は開館)・11月5日(火)
10:00~16:30(※入館は閉館の30分前まで)
展覧会website:http://www.seikado.or.jp/exhibition/index.html

 

明治期の日本を代表する実業家、岩﨑彌之助と小彌太父子のコレクションを収蔵する「静嘉堂文庫」美術館で初めて開催される「染織」をテーマとした展覧会です。静嘉堂文庫は、世界に3点しか現存していない中国・南宋時代の国宝「曜変天目」のうち「稲葉天目」と呼ばれる1点を所蔵するなど、茶道具の名品のコレクションで有名ですが、 今回の展覧会も、茶入れ等を入れる袋である 「仕覆(しふく)」を中心に展示構成されています。展覧会のタイトルにもある「名物裂(めいぶつぎれ)」とは、室町時代から江戸時代初めにかけて日本に輸入された舶来の染色布のうち、様々な由来で特に人々に珍重されてきたものを言います。また「古渡り更紗」とは、様々な文様を色鮮やかに染めたインド製の木綿の布「更紗」のうち、江戸時代初期から中期にかけて輸入されたものをいい、江戸期に煎茶道具の仕覆として用いられたそうです。
この展覧会は、茶道具を包む布として古来から伝えられてきた染織の名品と共に茶道具の名品も鑑賞できる貴重な機会となっています。国宝の「稲葉天目」や重要文化財の「湯滴天目」のみならず、それらの仕覆が公開されている点も見所です。

展覧会の会場はプロローグとエピローグを含めて5つのテーマに分かれています。
 プロローグ 〜至宝を包む〜 国宝「曜変天目」・重要文化財「湯滴天目」の仕覆
 1 〜名物裂、古渡り更紗を愛でる〜「唐物茶入」の次第から
 2 〜茶入・棗を包む〜 織りの美、「名物裂」の世界 
 3 〜茶誂、茶心壺を包む〜 染めの美、「古渡り更紗」の世界 
 エピローグ 〜染織

以下、畳みます。(※記事中に掲載した展覧会場内の写真は、内覧会の当日、主催者の許可を得て私が撮影したものです)

» 続きを読む

| | コメント (0)

三菱一号館美術館「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」に行ってきました。

現在、丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」のブロガー内覧会にご招待頂きましたので、その概要をレポートいたします。

Img_2358

  • 会  期:2019年7月6日(土)~10月6日(日)
  • 会  場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2 問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル))
  • 開館時間:10:00〜18:00 入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)
  • 休館日 :月曜日(但し、祝日・振替休日の場合、9月30日とトークフリーデーの7月29日、8月26日は開館)(※トークフリーデー :展示室内で声の大きさを気にせず、作品について自由に会話しながら鑑賞が出来る日。小さい子供連れも可)
  • ウエブサイト:https://mimt.jp/fortuny/

マリアノ・フォルチュニの名前は、この展覧会で初めて知りました。キャプションに「20世紀初頭に活躍した世界的デザイナー」とあり、美しいドレスの画像が添えられているので服飾デザイナーなのだろうと思っていたのですが、その他に画家や版画家、写真家、照明デザイナー、舞台美術家でもある非常に多彩な人物でした。

 

そのフォルチュニが時代の寵児となったきっかけが、この極めて繊細なプリーツが施された絹のドレス「デルフォス」であることから、この展覧会では彼の服飾作品を軸に、絵画や写真、版画、舞台美術関連資料などを展示し、彼の人物像とその才能を網羅的に紹介しています。
Img_2355

以下、畳みます。記事中に掲載した写真は、内覧会当日に主催者の許可を得て撮影したものです。写真はクリックすると別画面で拡大表示されます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡展」に行ってきました。

丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「ラファエル前派の軌跡展」の内覧会にご招待頂きましたので、その概要をレポートいたします。

Img_1958

  • 会  期:2019年3月14日(木)~6月9日(日)
  • 会  場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2 問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル))
  • 開館時間:10:00〜18:00 入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜、6月3日~7日は21:00まで)  なおゴールデンウィーク中の4月27日(土)~5月6日(月・祝)は、10:00〜18:00まで開館。ただし5月3日(金・祝)の開館時間は18:00まで
  • 休館日 :月曜日(但し、4月29日、5月6日、6月3日と、トークフリーデーの3月25日、5月27日は開館。トークフリーデー:展示室内で声の大きさを気にせず、作品について自由に会話しながら鑑賞が出来る日。小さい子供連れも可)
  • ウエブサイト:https://mimt.jp/ppr/

夏目漱石がロンドン留学中にジョン・エヴァレット・ミレイの「オフェーリア」に魅了された昔から(?)日本人が大好きなラファエル前派。中二ごころにヒットするテーマと画風とエピソード。私ももちろん例外ではなく、三十年以上前に今はなき伊勢丹美術館でエドワード・バーン・ジョーンズ展を観てからというもの、日本で開催された関連展を見落としたのはおそらく数回。もちろんロンドンのテイトギャラリーやV&A美術館へも出かけていきましたが、最近はさすがに毎年毎年よく続くなあと些か食傷気味。でも大好きな三菱一号館美術館で開催されるならと足を運んだ今回のラファエル前派展、期待に違わず、この美術館の企画展は目の付け所が違いました。これだけ通った私も初めて見る作品がたくさん。さらに一般の観覧者も写真撮影が可能な展示室が設けられ、そこに大作が集められているという至福の空間。ミュージアムショップのグッズもとても素敵です!
以下、畳みます。(※記事内の写真は主催者の許可を得て撮影したものです)

» 続きを読む

| | コメント (0)

冬コミ(第95回コミックマーケット)参加と新刊のお知らせ

御無沙汰しております。冬コミ(第95回コミックマーケット)参加と新刊のお知らせです。

「MIASS」と「アルハルクラ通信」は、12月29日(土)に開催される冬コミ(第95回コミックマーケット、1日目)に参加いたします。配置場所は、東5ホール「パ」45abです。

新刊は「La Dolce Vita 〜甘い生活2018」 A5判、40頁、店頭売価:600円です。
Ladolcevita_hyoshi_fotor


今回、MIASSとアルハルクラ通信、両方の参加です。皆様には表紙画のポストカードを差し上げますので、会場にお越しの際には是非お立ち寄りください。新刊は1990年に発行した同名誌の復刻ですが、あんまり昔に書いた話なので、結局すっかり書き直してしまいました。原作?は感情の起伏が比較的大きな話なのですが、書き直したら単なる幸せな話になってしまいました(笑) どうぞお楽しみに。

なお通販のご案内は年明けに差し上げる予定です。通販読者の皆様は少しお待ち下さい、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「全員巨匠! フィリップス・コレクション展」に行ってきました。

現在、東京の三菱一号館美術館で開催中の「全員巨匠! フィリップス・コレクション展」にお招き頂きましたので、以下にその概要をレポートいたします。

Img_1214


会場:三菱一号館美術館(JR・東京メトロ東京駅から徒歩3〜5分程度)
期間:2018年10月17日(水)~2019年2月11日(月・祝)
月曜日休館(但し、祝日・振替休日の場合、会期最終週とトークフリーデーの10/29、11/26、1/28は開館)、年末年始休館(12/31、1/1)
開館時間:10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)
展覧会website:https://mimt.jp/pc/about.html


個人コレクションの面白さ、楽しさを私が実感したのは、2014年に東京近代美術館で開催されたヤゲオ財団コレクション「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である」展だったように思います。出資者の出資や税金支出の正当性を担保するような最大公約数的なコレクションではなく、オーナーの個人的趣味嗜好による作品選びは、その意図を共有出来るといっそう面白く、わくわくするものでした。

アメリカ、ワシントンにあるフィリップス・コレクションもまた、裕福な実業家の家に生まれたコレクター、ダンカン・フィリップス(1886-1966)氏の個人コレクションを基としています。同美術館は氏の旧私邸に作られた、アメリカ最初の近代美術の美術館だそうです。今回、三菱一号館美術館には、同コレクションから19〜20世紀にかけての欧州近代絵画の巨匠の作品ばかり75点が来日、展示されています。

三菱一号館美術館を訪れるたびに感じるのは、まるで誰かのお屋敷に招かれているような個人的な親密さを感じる展示室の特徴を上手く活用しているな、という点です。フィリップス夫妻の私邸の壁に飾られていた数々の名画を鑑賞する空間としては、公共美術館の大きな壁面より、赤煉瓦造りの明治期の建物を活かしたこの美術館がより相応しいと感じます。今回の「全員巨匠! フィリップス・コレクション展」は近代欧州絵画の巨匠の作品の数々を鑑賞するのみならず、コレクターのフィリップス氏の審美眼や趣味を共有し、また絵画と展示空間のコラボレーションを味わうという複層的な楽しみ方が出来る非常に興味深い展覧会となっています。


Img_1169

Img_1178


以下、畳みます。(※記事中に掲載した展覧会場内の写真は、内覧会の当日、主催者の許可を得て私が撮影したものです)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏コミ参加後報告と通販

第94回コミックマーケット(夏コミ)の参加が無事終了しました。MIASSに立ち寄って下さった皆様、暑い中をどうもありがとうございました。新刊「グランルーブルの硝子のピラミッドが崩れ落ちる日を僕はときおり夢に見る」はいかがでしたでしょうか。近年の私の作風からすると、ちょっと異質かなと思うのですが、気に入って頂けたら幸いです。

通販読者様宛のご案内は、先週金曜日に発送しておりますので、今日あたりお手元に届くかと存じます。会場に来て下さった方の中には行き違ってしまった方もあり、お詫び申し上げます。通販ご利用の方は随時対応いたしますので、ご都合のよい時にお申し込み下さい。在庫は十分にございます。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」展に行ってきました。

現在、東京の三菱一号館美術館で開催中の「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界展」の内覧会にお招き頂きましたので、以下にその概要をレポートいたします。

Img_0936


会場:三菱一号館美術館(JR・東京メトロ東京駅から徒歩3〜5分程度)
期間:2018年6月28日(木)~2018年9月17日(月祝)
月曜休館(但し、7月16日、9月10日、9月17日と、トークフリーデーの7月30日、8月27日は開館)
開館時間:10:00~18:00(金曜、第2水曜、9月10日(月)〜9月13日(木)は21:00まで)※入館は閉館の30分前まで
展覧会website:https://mimt.jp/chaumet/

お盆休み特別開館&夜間延長開館:8月13日(月)はプリンセスデー(プリンセスコスチュームの小中学生無料、展覧会場内に設定されたフォトスポットで写真撮影が可能、トークフリーデーと同じく展示室内でのお喋りOK)、8月13日(月)〜8月17日(金)は21:00まで延長開館と中庭の限定ライトアップを実施

Img_0851


2016年にパリ市立モード美術館とのタイアップで行われた「オートクチュール展」が素晴らしかったので、なんとなく「服飾などのモード系の展覧会といえば三菱一号館美術館」なイメージもあるのですが、今回はジュエリー。それもショーメです。近年、東京国立博物館で「ブルガリ展」、京都国立近代美術館で「ヴァン クリーフ&アーペル展」などのジュエリーメーカーの展覧会が開催されていますが、今回は出品されている作品の豪華さも、展示室内装の素晴らしさも、展示室全体の雰囲気も、まさに「破格」のレベルでした。

一昨年のオートクチュール展にも携わられた三菱一号館美術館の岩瀬氏のお話によると、今回の展覧会はショーメ・ブランドが直接オーガナイズしたもので、本国フランスから内装を担当する職人が多数来日して、同美術館との協力の下、展示空間を作り上げたそうです。学術的な分野については、オルセー美術館の館長を務めたアンリ・ロワレット氏が監修し、作品であるジュエリーの豪華さだけでなく、それらを作り出したメゾン「ショーメ」の歴史的役割が年代を追ってわかりやすく解説されています。この展覧会は一年前に中国の紫禁城でも行われたのだそうですが、空間規模がまったく違うため、今回の三菱一号館美術館の方が繊細であるというお話でした。

ジュエリーの展覧会というと女性向けなイメージがあるかもしれませんが、この「ショーメ 時空を超える宝飾勢術の世界展」はパリの老舗メゾンの歴史や、工芸としてのジュエリー芸術の究極を体感することができる貴重な機会です。
暑い日が続いていますので、是非、避暑を兼ねて束の間、豪華なメゾン・ジュエリーの世界を三菱一号館美術館で堪能して頂きたいと思います。

Img_0747

Img_0859


以下、畳みます。(※記事中に掲載した展覧会場内の写真は、内覧会の当日、主催者の許可を得て私が撮影したものです)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年夏コミ新刊のお知らせ